ムダ毛への対処法!自分に合った脱毛方法を選ぼう!

- 家庭での自己処理における埋没毛について

家庭での自己処理における埋没毛について

家庭で自己処理をすると、埋没毛ができてしまうと聞いたことはありませんか?
埋没毛についてここでは見ていきましょう。

家庭でのムダ毛脱毛で起こる

特に毛抜きをしたりカミソリを使ったりして起きてしまうトラブルのことです。
除毛、剃毛などの処理を自己で行うことで、何か原因があって、その結果に皮膚の中で毛が成長したり、発毛して起こる事を埋没毛といいます。
イメージ的には、皮膚の上にあがってこずに、皮膚の下に毛が埋没したまま育っているというイメージでしょうか。

埋没毛の原因は?

その原因は、毛を抜いた際に、毛穴に傷が付いて、傷にかさぶたができます。
そしてかさぶたができたら皮膚は覆われてしまいます。
そして覆われた結果として皮膚の中で毛が育ってしまって埋まったままになる当流れなのです。
それ以外にも原因があり、例えばカミソリを使って剃る人もいるかと思いますが、その場合は、毛の先が尖ってしまって、皮膚を突き刺してその中において、毛が成長してしまうこともあります。
埋没毛とよんだり、埋もれ毛ということもあります。
ワキの対処でよく起こるようで黒ずみなどの原因としても挙げられます。

どの部分で発生しやすいの?

ワキ、ビキニラインなどの部位で好発します。
皮膚の弾力性がこれらの部位は少ないといえる場所で、それに加えて毛が生えている方向が一定方向ではありませんのでそれも原因です。
ではどうしていけばいいのか、対処方法としては、気になることも多いですが、無理やり毛抜きを使って抜くことはやめておきましょう。
毛抜きを使って気になる部位を抜くと、それだけで皮膚を傷つけることになりますし、炎症にもつながります。
これまでにもうすでに出来てしまっている人は、スクラブでケアをする、専門の治療を受けて、うもれた毛を出さないといけません。
間違った対処をしていると毛が埋没毛になってしまいますので注意しましょう。
カミソリ、毛抜きを使った処理が一番厄介です。

kateidenojikoshoriniokerumaibo

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »